FXって何にも知らない状態だと、とにかく危険というイメージしかないですよね。

私もFXの口座開設するとき、実家に証券会社から手紙が来たわけですが、危険だからという理由で止められましたからね。

でも、FXの知識がないのに危険というのはどうなんだろう?と思うのです。

この記事では、なぜFXが危険という認識なのか解説していきます!

FX=借金というイメージ

実際、FXで破産のニュースは多数出ており、数千万の借金になったとか、そんな話が多いですよね。

現在のレバレッジ25倍でも投入金額によっては数千万のマイナスに行くことありますからね~

どういうプロセスでそんなにマイナスになるのかというと、
100万⇒500万⇒1000万⇒1億⇒急変動でマイナス域へ

じゃあ、1億の段階でやめればいいじゃんと思うかもしれませんが、もっと行けると欲がでてきます。相場はこれからもずっと動いていきます。いままで向き合ってきたものからサッと足を洗うことは難しいのは想像できますよね。

FXで勝って資産を増やすことはそんなに難しいことではありません。

上がるか、下がるかの2択ですし、買いポジションでしたら日々のスワップポイントも入ってきます。

何が難しいのかというと、増やした資産を守ることが非常に難しいのです。

よく言われる「欲に負ける」という状態です。

勝った金額をレバレッジを掛けてまた投資することを繰り返していると、いつか来る相場の急変動に巻き込まれて大きく負けるのです。

資金管理が一番大事

相場で生き残っていくには資金管理が最も大事です。

レバレッジを掛けて取引を行うのでとにかく強制ロスカットだけは、避けなくてはなりません!

資産の大半が消え、その後の立ち直りが非常に厳しくなります。

含み損は各自の戦略次第でアリだと思います。スワップポイントや配当でコツコツ行くのは楽ですし、もし差益がでたら売ればいいですからね。

重要なのはレバレッジをどのくらい掛けて、どのくらいのポジションを持つか。証拠金維持率をどのくらいにしておくか。

 

結局、レバレッジも各自の投資スタイルによってマチマチなのではっきりとしたことは言えませんが、

○○が起きたら強制ロスカットされるかも」と最悪の状況をイメージしておくと危機回避率が大幅に向上し長生きできる可能性が上昇します。

まずは生き残れ!

ジョージ・ソロス氏も「まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ!」という格言を残しています。

それだけ生き残ることが重要ということです。退場してしまってはこれから無数にあるチャンスを掴むこともできませんからね!

私はまだ相場3年目でまだ未熟ですが、FXでは勝ち負けよりも、資金管理に重点を置いてトレードしています。

仮想通貨の現物では大負けしている私ですが、FXとなると考えが大きく変わり、必ず最初にストップを設定しています。

損大利少でもいいのでまずは、検証とマイルールの徹底を行いましょう。ダメでも、失敗経験を積んで同じことを繰り返さないということが今後の強力な武器となります。

とにかく損切りを自分のルールに則って行い、なんとしても強制ロスカットからの追証を避けて末永く生き残っていきましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

おすすめの記事